グルコサミン

プロポリスの採集量はどれくらい?

プロポリスは「みつばち」が作り出した天然の成分であることはご存じのことと思います。
樹木の樹脂と薬草、「みつばち」の唾液などの成分が混じって出来たものになります。
では、貴重な成分のプロポリスの採集量は、どれくらいなのでしょうか。
「みつばち」の種類や気候により、プロポリスのできる量に違いがあるようですが、大体1つの「みつばち」の巣から、年間100gから300gくらい採集できるようです。

この貴重なプロポリスですが、採れた状態で、服用することは困難なため、精製を繰り返し、プロポリスを抽出していきます。
採れる量も少ないですが、人間が上手く摂取できるように生成するにも時間を要するため、高価で貴重な成分になります。
一番人気のあるプロポリスは、ブラジル産のものになります。
豊かなジャングルなどの自然環境に耐えるための、強力な成分を持つプロポリスをブラジルの「みつばち」は作り出すことができるため、人体に与える効果もブラジル産の方が高いようです。

では、ここで、プロポリスについて簡単に説明をしていきます。
プロポリスと言われる成分は、古代ギリシャ時代から、世界のあちらこちらで愛用されていた成分になります。
「みつばち」が作り出す、天然の成分であることは前述しましたが、「みつばち」の巣の中には、プロポリスを作るために木の新芽や薬草の新芽を集めてくる「みつばち」と、集めてきた新芽を「みつばち」の唾液などで加工し、巣の中の壁に貼り付ける役目をする「みつばち」がいることが分かっています。

また、「みつばち」の種類によってもプロポリスを作り出す量が違うことも分かってきています。
このように、「みつばち」の巣の中で作り出されるプロポリスは、巣の中を無菌状態に保つために、一生懸命生成していると言われています。
何万匹のも「みつばち」が同じ巣の中で生活しているため、過密状態な中で巣を衛生的に保つ役割があると言われています。
このように、手間ひまを掛けて作り出されたプロポリスは、「みつばちの巣から」1年間で100gから300gの生産が限界になります。
このため、高い値段で昔から取り引きがされていた理由になります。