サプリ選びのチェック項目をまとめ

プロポリスのパワーをしっかりと実感するためには、高品質な製品を選ばなくてはいけません。
安易に選んで低品質なサプリメントを購入してしまうと、まず満足のいく実感を得ることができません。

このページでは、サプリメントを選ぶときに絶対にチェックして頂きたい項目をまとめました。
製品購入時に確認するべき条件をピックアップして、サプリ選びの基準・指標について解説しています。

「サプリメントの選び方が分からない」
「初めてプロポリス製品を購入する」
「どんな基準でサプリメントを購入すれば良いか分からない」

そんな方は、ぜひ、このページを参考にしてみてください。

原材料のレベルを見極める

より品質に優れた製品を選ぶためには、原材料のレベルをしっかりと見極めることが大切です。
原材料のレベルは、製品の品質を大きく左右する要素。

だからこそ、サプリメントを購入する際には、しっかりとチェックすることが必要となります。
原材料のレベルを見極めるには、具体的には、以下のポイントを確認しましょう。

原産地

プロポリスは、採取される環境によって品質が大きく左右されます。
そのため「どんな原産地で採取されたのか」は非常に重要なポイントと言えるでしょう。

ちなみに、原産地によって異なるのは以下のポイント。

  • 蜂の種類(防衛力に優れた蜂種によって作られていると理想的)

  • 起源植物(原料となる樹液や花粉はどんな植物から採取されるか)

  • 自然環境(安心して摂取できるかどうか)

そして、上記したポイントについて優れた条件を備えていると評価されているのがブラジル産プロポリスです。
ブラジル産のプロポリスは世界最高レベルと評価されています。

ブラジル産の場合、作り手となる蜂の種類は「アフリカナイズドミツバチ」。
キラービーという別名を持つ、強い攻撃性をもった蜂です。

攻撃性が強いということは、防衛本能に優れているということ。
そのため、巣を守る防御の要であるプロポリスをつくりだす能力も秀でています。

また、ブラジル周辺で採取されるプロポリスの起源植物となるのは、南米固有のハーブ。
アレクリンドカンポバッカリス・ドゥラクンクリフォリアなどの植物が起源植物となります。

これらの植物からつくられたプロポリスには、桂皮酸誘導体やフラボノイドが非常に含有されています。
そのため、世界でも最高レベルのプロポリスと評価されているのです。

ちなみに、ブラジルのなかでも「ミナスジェライス州産」は非常に人気です。
豊かな自然環境を有するエリアなので、大気汚染などの影響を受けていません。

そのため、この産地で採取されたものは、安心して摂ることができるのが特徴です。

製造・加工のレベルを見極める

プロポリス製品の品質を見極める際は、どんな製造・加工が行われているのかをチェックすることも大切です。

いくら良質な素材でも、メーカーの製造・加工レベルが低いと製品の品質も低下してしまいます。

だからこそ、製造や加工の詳細についても十分に確認したうえで、製品を購入するようにしましょう。

鮮度管理

プロポリスは熱や湿度、温度の影響を受けやすいのが弱点。
鮮度が落ちてしまうとプロポリス特有の味や匂いのクセが強くなり、飲みづらくなってしまうという点もデメリットです。

だからこそ、採取された後の「鮮度管理」も非常に重要なポイントになります。
いかに原材料の鮮度をキープした状態で製品化することができるか…がメーカーの腕の見せ所でしょう。

そのため、製品選びの際には、メーカーの鮮度管理への取り組みについてチェックしておくと良いでしょう。
養蜂場の近くに加工工場を設置しているかどうかなどを確認するのがおすすめです。

抽出方法

抽出方法は、製品を選ぶ際に最も重視しておきたいポイントの一つです。
どんな抽出方法を採用しているかによって、含有成分が大きく左右されます。

抽出方法によって取り出しやすい栄養素・取り出しにくい栄養素があるためです。

例えば、アルコール抽出なら桂皮酸誘導体やフラボノイドの抽出が得意。
水抽出はフラボノイド類、有機エステル類などの抽出が苦手ですが、クロロゲン酸を抽出しやすいのが特徴です。
また、超臨界抽出法はテルペノイド類の抽出が得意であるとされています。

この様に、それぞれ長所と短所があるため、複数の抽出技術を組み合わせた方法が理想的です。

例えば、山田養蜂場のプロポリス300は、上記した3つの抽出方法を組み合わせた三種抽出法を採用しています。
そのため、プロポリスに含まれる様々な栄養素をしっかりと摂取できるのがメリットです。

含有量

いくら良質な原材料が使用されていて抽出方法にこだわっていても、プロポリスの含有量に乏しい製品では、なかなか満足度が高まりません。

含有量はサプリメントの品質を大きく左右する要素と言えるでしょう。
大体の目安・基準としては、一日あたり200mg以上のプロポリスを摂取することができれば理想的です。

その他のチェックポイント

プロポリスは長期的な摂取によって満足度が高まるものです。
長期的に摂取するのであれば、安全性は絶対にチェックしておきたいポイントと言えます。

安心して摂り続けることができるサプリメントを選んで、しっかりと摂取を継続することを目指しましょう。
具体的には、以下のポイントをチェックしておくのがおすすめ。

分析・検査

安全性を確認するためには、成分分析や各種検査が十分に実施されているかどうかをチェックしておくと良いでしょう。

・重金属類検査(鉛・ヒ素etc.)
・微生物検査(大腸菌群・カビetc.)
・抗生物質検査

などが実施されているかどうかを確認するのがおすすめです。
これらの分析・検査を徹底している製品なら安心感があります。

トレーサビリティシステム

トレーサビリティシステムとは、生産や流通に関する履歴情報を確認することができる仕組みのこと。

「いつ・だれが・どこで・どれくらい」採取したかを確認できるシステムが確立されているかどうか…ということ。

プロポリスのサプリおよび原材料のトレーサビリティが確立されていれば、十分に品質管理が行き届きた製品と判断することができます。

ちなみに、トレーサビリティシステムを確立している代表的なプロポリスサプリとしては、山田養蜂場のプロポリス300が挙げられます。

製造が行われる工場

どんな工場で製造が行われているのかをチェックして、品質管理のレベルを把握しましょう。
例えば、GMP認定工場で製造されているサプリメントなら安心感があります。

GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で、十分な安全基準をクリアした工場のみに与えられる認証です。

例えば、この基準をクリアしている工場で製造されるサプリメントの代表例としては、薬院オーガニックのプロポリスが挙げられます。

公式ページでも、GMP基準に準拠した工場で製造されていると記載されています。

ピックアップ-Pickup-