プロポリスで子宮筋腫を予防・改善

プロポリスは子宮筋腫の予防や改善に効果がある

子宮筋腫は20代以降の女性の四人に一人は発症しているといわれるほど身近な疾患です。
良性の腫瘍でありガンとは異なりますが、症状が悪化した場合不妊や流産の原因になる可能性があるとされています。
健康食品のプロポリスは子宮筋腫の予防や悪化を防ぐ作用を持っています。
天然成分で出来ているため、抗生物質のような副作用を発生させずに子宮筋腫に働きかけてくれます。

女性ホルモンのバランスを整える作用

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの二種類があります。
ストレス等が原因でバランスが崩れ、エストロゲンばかりが分泌されると子宮筋腫を発生させたり悪化させてしまうのです。
プロポリスには女性ホルモンのバランスを整える作用があります。
女性ホルモンの分泌が正常化することで、子宮筋腫を予防したり悪化を防ぐことができるのです。

新陳代謝機能を向上させる作用

子宮筋腫の大きな原因として、体の冷えが挙げられます。
体が冷えると血の滞りを生み出し栄養素が適切に送られなくなります。
特に子宮は冷えの影響を受けやすく、内側や外側にこぶのような子宮筋腫を発生させてしまうのです。
プロポリスには抗酸化作用という働きがあり、血液中の活性酸素を減少させる働きがあります。
これによって血管壁を頑丈にし血液の循環を促す作用があるのです。
全身の血行が改善されることで体の冷えを防ぎ、子宮筋腫の予防や悪化を防ぐことができるのです。

プロポリスで子宮筋腫を完治できるの?

医学的な根拠は無い、というのが現状です。
しかしプロポリスの作用によって既に発症した子宮筋腫を縮小させる効果は期待できます。
プロポリスを飲み続けて子宮筋腫が小さくなったり、中には検査の際に子宮筋腫が無くなっていたという報告も確かにあります。
プロポリスは飲み始めてすぐにはなかなか効果を実感できないものです。
しかし二、三ヶ月と継続して飲み続けることで代謝が良くなるといった効果を実感できるようになります。
あくまでもプロポリスの効果で完治するかもしれない、ということなので出血や痛み等の症状が現れる場合は婦人科の医院を受診するようにしましょう。

まとめ

プロポリスは子宮筋腫の予防や悪化を防ぐ作用があります。
特に血流を改善する作用で子宮筋腫を予防するだけでなく、全身の冷えや体質改善にも効果が期待できます。
またプロポリスはビタミンCと一緒に摂取することでより高い抗酸化作用が期待できます。
摂取する際はプロポリスエキスをアセロラジュースやレモネード等のビタミンCが豊富な飲料と合わせて摂取するとより効果的になるでしょう。

ピックアップ-Pickup-