プロポリスと乳酸菌は同時摂取できるの?

プロポリスと乳酸菌を同時に摂取しても問題はない

プロポリスには抗菌・殺菌作用があるため乳酸菌も菌の一種として殺菌されてしまうのではないか、と考えられる方も少なくありません。
結論からいうと、プロポリスと乳酸菌を同時に摂取しても乳酸菌が殺菌されてしまうことはありません。
プロポリスの抗菌・殺菌作用は腸内の悪玉菌に対して高い殺菌効果を発揮しますが、乳酸菌をはじめとする善玉菌には影響を与えないのです。

プロポリスと乳酸菌の相乗効果

プロポリスと乳酸菌を同時に摂取することで腸内環境の改善に相乗効果が期待できます。
プロポリスの抗菌・殺菌作用により腸内の悪玉菌の活動を抑えて数を減らすことができます。
また善玉菌である乳酸菌を摂取することで腸内環境を善玉菌優位にすることができます。
全身の免疫細胞の約六割が腸に集中しています。
そのため腸内環境の改善が健康に与える影響は大きく、免疫力の向上・便秘の解消・ストレスの軽減等の効果が期待できます。

プロポリスと乳酸菌を同時に摂取する方法

ヨーグルトと一緒に摂取する方法と、プロポリス・乳酸菌を配合したサプリを摂取する方法が挙げられます。
特にヨーグルトは乳酸菌と同じく善玉菌であるビフィズス菌が含まれた商品もあるため、より整腸作用が期待できるでしょう。
市販のヨーグルト(100グラム・糖分入りでも良い)にプロポリス液を4、5滴加えるのが適量です。
またプロポリスはビタミンCと相乗効果で高い抗酸化作用が発揮され、美容にも効果が期待できます。
そのためミカンや少量のレモン汁を加えるとより効果的です。
プロポリスと乳酸菌を配合したサプリの最大の魅力は飲みやすさだといえます。
プロポリスには特有の鼻をつくような臭いと苦味があるため、プロポリス液だと継続しづらいという方もいます。
粒やタブレットになったサプリであれば、水と一緒に飲むだけなので簡単に摂取できるのです。

まとめ

プロポリスと乳酸菌は同時に摂取しても問題はありません。
プロポリスと乳酸菌を摂取することで整腸作用が期待できさまざまな健康効果が得られます。
特にプロポリスは二、三カ月継続して摂取し続けることで新陳代謝が活性化し、お肌の美容効果や風邪の予防にも繋がります。
ヨーグルトと一緒に摂取することでプロポリス液の臭い・苦味を和らげることができます。
プロポリスとヨーグルトの摂取を習慣化することで、腸内環境を健康にして病気に罹りにくい体質を作ることができるのです。

ピックアップ-Pickup-