プロポリスの消費期限はどのくらい?

プロポリスの消費期限は?

液体タイプのプロポリスの場合、消費期限は多くのメーカーが一年から二年としています。
そのほとんどがアルコール抽出による製品になっています。
とはいえ一度開封すると酸化など外的要因を受けてしまいます。
長期間空気にさらされていると健康効果が薄くなってしまうため二、三ヶ月で使い切ってしまうのが良いとされています。
プロポリス液は多くが25mlか30ml入りの瓶になっています。
一日七、八滴摂取したとしておよそ一ヶ月で使い切るくらいの用量です。
また水抽出によるプロポリスや二酸化炭素を用いた超臨界抽出によるプロポリスもありますが、これらは粒やサプリメントの製品が多くなっています。
これらの製品も多くが消費期限は一年から二年とされています。

プロポリス液の保管方法は?

直射日光や高温多湿を避けて常温で保存することができます。
心配な場合は冷蔵庫で保管しても品質に問題はありません。
直射日光に当たり続けると変色してしまい健康効果が落ちてしまう場合があります。
保管する際に横に倒すとキャップの部分にプロポリス液が付着し開けるたびに液が垂れて表面が汚くなってしまいます。
プロポリス液は脂溶性でアルコールで拭いても簡単には落ちません。
縦に置いて保存しておくと綺麗に保つことができます。

プロポリスは腐らないの?

プロポリスは古代エジプトでミイラの防腐剤として使用されていたという歴史があります。
そのため消費期限が切れて効果が落ちてしまったとしても素材としては腐らないといわれています。
健康食品として生成されているため消費期限が設けられていますが、腐敗する心配は無いといえます。
とはいえ開封して何年も経過していれば酸化によって健康効果も薄れてしまいます。

まとめ

プロポリス液はほとんどがアルコール抽出によるもので一年から二年が消費期限とされています。
ただし一度開封すると酸化の影響を受けてしまうため二、三ヶ月で使い切ってしまうのが良いとされています。
それでも開封して一年経過したくらいであれば多少効果は落ちるかもしれませんが問題なく摂取することができます。
そのためしばらく摂取するのを中断していて再度摂取し始めるということも可能です。
またプロポリスは古くから防腐剤として使用されていたように基本的に腐敗することは無いとされています。

ピックアップ-Pickup-