プロポリス液の使用法

プロポリス液の使い方

プロポリス液を摂取することで強力な殺菌・抗菌作用、新陳代謝の増進が期待でき健康面をトータル的にサポートしてくれます。
原液はアルコールを用いている物が主流で薬品のようなきついニオイと苦味がありますが、そのまま服用するわけではなく薄めて飲んだり皮膚に塗布する傷薬のような使い方をするので身構える必要はありません。

プロポリス液を飲む場合

プロポリス液の飲み方としてはぬるま湯に溶かして飲むのが基本的です。
コップ一杯200ccのぬるま湯にプロポリス液を4、5滴垂らすのが適量です。
水でも良いのですがプロポリスに含まれている有効成分は脂溶性の物が多いため、分離して表面に固まってしまい飲む際に風味がきつくなってしまいます。
また、ぬるま湯では飲みにくいという方にはヨーグルトやハチミツと合わせて飲む方法がおすすめで、一緒に飲み込むことで楽に飲めるようになります。
ですがプロポリス液には殺菌・消毒作用があるのでヨーグルトなとで完全に包み込まずに、飲み込む際に喉にプロポリス液が触れるように口のなかで砕いて飲むといいでしょう。
こうすることで喉の中の消毒効果が期待できます。

歯磨き粉として使用する場合

プロポリスには強力な殺菌・消毒効果があるため歯磨き粉として使用すれば虫歯、歯周病の予防に効果を発揮してくれます。
歯のトラブルの原因となるのは歯垢(プラーク)でそこから細菌が発生し増殖して歯にダメージを与えます。
歯ブラシに歯磨き粉を付けその上からプロポリスを2、3滴垂らして歯磨きをすれば、細菌の増殖を抑え殺菌し歯垢まで除去してくれます。
さらにプロポリスには消炎効果もあるため口内炎の症状を緩和する効果もあります。

傷薬として皮膚に塗布する場合

プロポリスには殺菌・消毒効果に加え鎮痛作用もあるためこれを利用して傷薬の代用として使用する方法もあります。
ガーゼにプロポリス液を2、3滴垂らして切り傷、火傷などの患部に塗布すると痛みを和らげ消毒し二次感染を防止してくれる働きがあります。
2プロポリス液を使用する際の注意点 最も多く普及しているアルコールを用いたプロポリス液には、微量ながらアルコールが含まれているためアルコール過敏症の方は注意が必要です。
とはいえアルコール量は100ccのぬるま湯に4、5滴垂らした場合でも度数が0.3%とごく微量で一般のドリンク剤と変わりません。
またプロポリス液をぬるま湯に溶かすと表面に浮かんでくるヤニのような物質があり健康面に問題はないのかと気にされる方もいます。
このヤニは消化酵素で分解されるので健康には全く問題ありませんし、ヤニにはフラボノイドなどの有効成分が豊富に含まれているため、残さずに積極的に摂取したほうがいいでしょう。

ピックアップ-Pickup-
になります。