プロポリス入りのグミ

プロポリス配合のグミとは?

プロポリスは花粉や樹脂にミツバチの分泌する酵素を加えて作られた天然成分です。
殺菌作用や抗炎症作用を持つ健康食品として世界中で知られています。
液体タイプやサプリメント等のプロポリス商品が有名ですが、プロポリス入りのグミも販売されています。
そのまま噛み砕いて食べてもいいですし、十五分くらい口の中で舐め続けると口の中にプロポリスの殺菌成分が浸透し口内環境の改善が期待できます。

抗菌・殺菌効果で風邪の予防に

プロポリスの抗菌・殺菌効果で口腔内に侵入した細菌やウイルスの活動を抑え、風邪やインフルエンザを予防することができます。
風邪の引き始めにプロポリスグミを食べることで症状が和らぎ、ウイルスを撃退することができます。
また抗菌・殺菌作用で口内の雑菌を死滅させ、口臭の改善や口内炎の治癒・予防に繋がります。
プロポリスの殺菌効果は強力で、コップ一杯の水にプロポリス液を数滴混ぜて一度うがいすると口腔内の雑菌の40%を死滅させるとされています。

グミになることで食べやすくなる

プロポリスは原材料の樹液の殺菌成分の影響で、ツンと鼻をつくような臭いや苦味があります。
その特徴的な風味のためプロポリスは健康に良いと分かっていてもなかなか手に取りにくい、というケースも多くあります。
プロポリス入りのグミはレモンやオレンジ等の柑橘系や、ローズマリー・ミントといったハーブで風味が付いているため、爽やかな風味が楽しめます。
また砂糖ではなくハチミツで味付けされている物が多く体にも優しくなっています。
おやつ感覚で美味しくプロポリスが摂取できる点が、プロポリスグミの魅力だといえます。

ハチアレルギーに要注意

プロポリスは天然成分なので体に優しく副作用はありません。
しかしミツバチが生成した食品であるため、他のミツバチ製品と同じようにハチアレルギーの対象となっています。
ハチアレルギーはハチミツやローヤルゼリーを摂取して、舌がヒリヒリしたり喉が痛くなるといった症状が現れるものです。
症状が現れるためハチミツ等を摂取できない場合には、プロポリスも同じ物だと考えましょう。
万一プロポリスグミを摂取してこのような症状が現れた場合は、摂取を止めてアレルギー科または皮膚科を受診するようにしましょう。

まとめ

プロポリスは世界中で知られる健康食品ですが、特徴的な風味があるため摂取しにくい食品だといわれます。
グミになったことで甘みや香り・食感が増し、おやつ感覚でプロポリスを摂取できるようになりました。
またバッグに入れてお出掛け先で手軽に摂取できるので、口臭対策や喉の痛みの緩和にも役立ちます。
人混みの多い場所に行くときや喉が気になる日に強力な味方になってくれるでしょう。

ピックアップ-Pickup-