ユーカリ系のプロポリスとは?

ユーカリ系プロポリスとは?

ユーカリ系プロポリスとは、ユーカリの樹脂や花粉を原料として生成されたプロポリスです。
ユーカリはコアラの食べ物として知られているオーストラリア原産の樹木で、強力な殺菌効果を持ちツンと鼻をつくような爽やかな香りがあります。
この殺菌効果を活かしてオーストラリアでは古くから先住民が感染症の治療薬として用いてきました。
ユーカリは他の植物を排除して自分達の領域を広げる性質があるためユーカリ単一の林を形成します。
そのためユーカリ系プロポリスは他の植物の成分をほとんど含まず、ユーカリの純度が高いプロポリスとなります。

ユーカリ系プロポリスの抗菌・殺菌作用

ユーカリの殺菌効果は葉の上に細菌を乗せると死滅させてしまう程強力な物です。
ユーカリ系プロポリスを摂取することで口腔内に付着した雑菌を死滅させる効果があります。
これにより虫歯・歯周病の予防や口臭の改善、風邪やインフルエンザの予防効果が期待できます。
また経口で摂取するだけでなく傷口や火傷に塗布することで殺菌・消毒効果を発揮します。
ユーカリ系プロポリスを口に含むとピリピリとした刺激を舌に感じます。
これは抗菌・殺菌効果が働いているためで健康上の問題はありません。

ユーカリ系プロポリスの自律神経調整作用

ユーカリはアロマテラピーの精油としても使用されており自律神経の乱れを抑える働きがあります。
ストレスによって自律神経が乱れると交感神経が優位になります。
交感神経が働き過ぎることで体が疲れ切ってしまい免疫力の低下に繋がります。
ユーカリ系プロポリスを摂取することで乱れた自律神経を調整し副交感神経の働きを助けます。
副交感神経が活発になることでリラックス効果をもたらしサラサラとした唾液の分泌を促します。
サラサラとした唾液には若返りホルモンと呼ばれるパロチンが含まれています。
パロチンは新陳代謝機能を向上させる働きがあるため血流を改善して免疫力の向上が期待できるのです。

ユーカリ系プロポリスの産地は?

ユーカリ系プロポリスはほとんどがブラジル産かオーストラリア産になります。
もともとはオーストラリアに自生していたユーカリがブラジルにも植林されています。
2016年現在でブラジルのユーカリ面積は300万ヘクタール、国土の0.35%に及び、ブラジルは世界最大のユーカリ植林大国といわれています。
またユーカリは成長が速く農薬や化学肥料を使用せずともすぐに大きくなるため品質の良いプロポリスの安定的な供給が可能になっています。

まとめ

ユーカリ系プロポリスは強力な殺菌・抗菌効果に加え鎮痛作用や自律神経調整作用があります。
鎮痛作用は麻酔薬にも匹敵するといわれ傷口の治療や打撲などの痛みがある場合にはユーカリ系プロポリスを選ぶと良いといわれます。
またユーカリ系プロポリスを継続して摂取することで口腔内の雑菌を減らし虫歯や歯周病予防、口臭の予防効果が期待できます。

ピックアップ-Pickup-