ワックスフリーのプロポリス液

ワックスフリーのプロポリス液とは?

ワックスは蝋のことを意味しますが、プロポリスにおいてはヤニにあたります。
プロポリス液を水に混ぜると薄い膜のようなヤニが現れ、ベタつきがあります。
ワックスフリーのプロポリス液とはヤニが無くベタつきの無いプロポリス液のことです。
プロポリス液を水やジュースに混ぜるとなかなか全体に混ざらないものです。
しかしワックスフリーのプロポリス液であれば容易に混ざります。
それに口の中やコップにプロポリス特有のベタつきが残りません。

ワックスフリーによって健康効果は変わるのか?

ヤニを取り除いたとはいえ栄養成分にはほとんど変わりはありません。
ワックスフリーのプロポリス液は有効成分が液中に溶け出ているため体内での吸収がしやすくなるというメリットがあります。
また傷薬として傷口に塗る際も、ベタつきが無くサラサラしているため使い心地が良いです。
一方で最高の品質とされるブラジル産のプロポリス液には、アレクリンというハーブを原料とした製品があります。
これらのプロポリス液のヤニにはクレロダン系ジテルペンという化合物が含まれています。
これは抗癌作用があるとされています。
そのため最高ランクのプロポリス液であれば、むしろヤニごと摂取したほうが健康効果は期待できるといえるでしょう。

ワックスフリーのプロポリス液はどうやって作られるの?

通常のプロポリス液は、プロポリス原塊を食用アルコールに漬けて撹拌し長期間寝かせて上澄みとなった液体を回収します。
ワックスフリーのプロポリス液を作る際にはこれに加えて毎日1、2回撹拌しその都度浮かんできたヤニを濾過する作業を二ヶ月ほど続けます。
そのため通常のプロポリス液よりも作る手間がかかっているといえます。
値段も通常のプロポリス液に比べると割高になり30ml入りで3000円以上の商品が多く販売されています。

ワックスフリーのプロポリスを配合した商品は?

ベタつきが無いという点が注目され、スプレータイプのプロポリスに使用されています。
ワックスフリーのプロポリスを使用することによって、のどにスプレーを吹きかけた後にベタつきがなく後味が爽やかになります。

まとめ

ワックスフリーのプロポリスであっても、フラボノイドなどの有効成分は豊富に含まれており健康効果は充分期待できます。
プロポリスを使用した商品にはキャンデーやスプレー、タブレットなどさまざまなタイプがあります。
ですが最も健康効果が期待できるのはやはり液体タイプです。
プロポリス液を摂取する方の多くが、特有のニオイやベタつきがキツく途中で飲むのを辞めてしまうといいます。
ワックスフリーのプロポリス液であればプロポリス特有のベタつきが無く飲みやすいためこうした方にもおすすめできます。

ピックアップ-Pickup-