中国のプロポリス

中国は健康ブームでプロポリスへの関心が高い

中国では人口増加と自動車保有台数の増加等の影響により、1998年頃より北京の大気汚染問題に代表されるように環境悪化問題が深刻化してきました。
そのため人々の健康への意識は年々高まり、近年では健康ブームが盛んになっています。
中国では古くからハチミツやローヤルゼリーが豊富に生産され、日本にも多く輸出してきました。
同じミツバチ製品であるプロポリスが健康食品として世界的に注目され始めると、中国でもプロポリスへの関心が高まりました。
中国衛生部が編集し出版した「中華本草」では、プロポリスは糖尿病、高コレステロール、ポリープ、炎症等で引き起こされた病気の補助治療に効果があるとしています。
プロポリスの健康効果が国内で認知されるとプロポリスブームが巻き起こり、供給過剰となって個人でプロポリスを生産するケースも現れました。
その結果、一時は中国産プロポリスの品質の信頼性が低下する事態に繋がりました。

中国産プロポリスの特徴

中国産プロポリスの起源植物はヤナギ科植物のポプラが主流です。
ポプラ由来のフラボノイドを豊富に含んでおり、特に抗酸化作用に優れています。
抗酸化作用によって体内の活性酸素を減少させる作用があり、血行改善や肌のアンチエイジング効果が期待できます。
また中国産プロポリスは供給量が豊富なので、ブラジル産やヨーロッパ産の物よりも安価で取引されています。
世界一の品質とされるブラジル産プロポリスと比べると、含まれていない成分も多く総合的な健康効果は低いといえます。
しかし中国の企業は漢方薬に代表されるように生薬等の分野で多くの製法ノウハウを持っています。
そのため中国ではフラボノイドの濃度が高いプロポリスエキスを多く生産することができるのです。
濃度が高く安価に取引できる中国産プロポリスは、プロポリス原液としてよりもサプリメントやプロポリス配合歯磨き等の原材料として、部分的な用途で世界的に活躍しています。

まとめ

中国産プロポリスはフラボノイドの濃度が高く、特に抗酸化作用が期待できます。
大企業から個人レベルと幅広く生産されており供給量が豊富なことも特徴です。
一時のプロポリスブームで人工成分を混ぜた物を天然のプロポリスとした事例もあり、安全性が疑問視された時期もありました。
しかしプロポリス大国であるブラジルにおいても粗悪なプロポリスが取引される場合があり、安全性は中国に限らずどの国で生産されたプロポリスにもいえることです。
プロポリス商品を購入される際はオークション等で安値で販売されている物は避けた方が無難だといえます。
ホームページがあって原材料が明記してある正規のメーカーから購入することで、天然で高品質なプロポリスを確実に入手できるでしょう。

ピックアップ-Pickup-