無添加のプロポリス液

添加物を使用していないプロポリス液

食品の安全性が世界的に注目されるなかプロポリス液においてもより安全性を求めるためまだまだ数は少ないものの食品添加物を使用していないプロポリス液が販売されています。
食品添加物を使用していないため通常のプロポリス液に比べて消費期限が短くなっているという欠点があります。
しかしプロポリスに含まれるフラボノイドなどの有効成分がより自然近い状態で摂取できて体に与える効果も高いといわれます。
技術の発展によって人体への影響が無い添加物が多数生み出されていますが、それでも現代はより安心して摂取するために無添加の製品を求める人が多くなっています。
添加物不使用のプロポリス液はより健康志向の高く、効果を強く期待している方におすすめできる製品です。

無添加のプロポリス液の値段は?

通常のプロポリス液は1500円から4000円で販売されている場合が多いですが、無添加のプロポリス液は安くても4500円はかかり、高級品になると15000円になる製品もあります。
無添加のプロポリス液は通常の物に比べて熟成期間が長くなります。
製品によって差がありますがおよそ5年から10年熟成させることが多いです。
このように長期間熟成させる手間がかかることと、希少価値が高いために通常のプロポリス液に比べて値段が高くなるのです。

通常のプロポリス液に比べて健康効果はあるのか?

無添加のプロポリス液は長期間熟成させることによって粒子が細かく溶け合いまろみが生まれ、香料や乳化剤を使用せずとも摂取できるようになります。
粒子が細かく溶けているためフラボノイドなどの有効成分が体内に浸透しやすくなります。
プロポリス液の健康効果である新陳代謝の促進や免疫力の改善といった効果が、より素早く現れるといわれます。
また人工の添加物が含まれていないため体への負担が掛かりにくく、有効成分を体内に吸収しやすいです。
そのため通常の物に比べて即効性があり安全性が高いといえます。

オーガニックと無添加の違い

安全性の高いプロポリス液としてオーガニックの物と無添加の物が販売されていますが混同される場合が多いようです。

オーガニックのプロポリス液

オーガニックは化学肥料、農薬を使わない有機農法で作られたものです。
オーガニックプロポリス液は基準を満たした土地でミツバチが人間に管理されることなく自然のまま作り出したプロポリスを使用した物です。
仮にオーガニックの原料で作り出されたプロポリス液に仕上げとして保存料を加えても、それはオーガニックのプロポリス液になるため無添加のプロポリス液とは別物となります。

無添加のプロポリス液

アルコール抽出後にカビなどを防止するため添加物を加えるのが通常のプロポリス液です。
しかし、長期間の熟成によってきめ細かく成分が溶け出したプロポリス液であれば食品添加物を加えずともそのまま製品化することが可能です。
プロポリスの産地として世界的に有名なブラジル、ニュージーランドを中心に無添加のプロポリス液が生産されています。

ピックアップ-Pickup-