グルコサミン

中国のプロポリス

日本でもあらゆる人が服用しているプロポリスになりますが、中国でも古くから健康食品や滋養強壮効果のある成分として愛用されていました。
プロポリスは「みつばち」の巣の中ではハチの薬品とも言える成分になります。
その成分は、人にとって、天然の貴重な栄養強壮剤となり、天然の抗生物質となり、天然の美容成分となり、天然のアンチエイジング成分として愛用されている状況になっています。
中国でのプロポリスの利用は歴史が長くなることを特徴にしています。
プロポリスの世界2大生産地は、中国とブラジルになります。
中国では、プロポリスは、癌や糖尿病、高コレステロール、腫瘍、ポリープ、炎症、病原菌に効果があるとされています。

また、中国産のプロポリスは、ポプラ系の樹木から西欧ミツバチが集めた樹液が多く、フラボノイド類が豊富であるとされています。
現在の中国産のプロポリスのほとんどが中国の研究チームが開発した高濃度のプロポリスになっています。
しかし、世界中でプロポリス人気が出てきており、生産方法がきちんとしていない商品も出回ってきているようです。
ここで、中国のプロポリスについて説明をしていきます。
特に、癌の治療として用いられてきました。
養蜂家の人に癌に罹患する人が少ないことは、癌にプロポリスの成分が効果的なことを実証しているものと言えるでしょう。

プロポリスには抗病毒作用があることは広く知られています。
また、豊富な栄養素と大量成活性物質が含まれています。
細胞の活力を増強し、組織の再生力を促進し、病原菌に対抗して炎症を鎮めます。
癌のように病変し破壊された組織を修復する効果も認められています。
内分泌活動の促進や代謝システムの改善、神経機能の調節に対する効果も示されています。
このような効果が期待できることから古くから中国では、プロポリスの研究や開発が古くから行われていました。
近年は、中国のプロポリスは、日本やヨーロッパなど様々な国に輸出されるようになり、輸出量が増加しているようです。
プロポリスの成分は、身体にとって良いことばかりです。
これからも、需要は増え続けることが予想されます。