プロポリスで胃腸機能を改善

プロポリスの有効成分フラボノイドが胃腸機能を改善する。

プロポリスはミツバチが採取した樹脂や花蜜と自らのホルモンを合成させて作り出した天然食品です。
樹脂や花蜜から由来するフラボノイドという成分が抗菌・除菌効果、抗酸化作用を持っています。
本来はミツバチの巣の隙間に塗り付けられています。
巣の中の温度や湿度を一定に保ち外からやって来る細菌やウイルスを退治するバリアのような働きをしています。
プロポリスを摂取することによって抗菌・殺菌効果や抗酸化作用が期待できます。
抗菌・殺菌効果があるというと刺激が強そうなイメージがあります。
ですがプロポリスは天然食品なので胃腸が弱い方でも安心して摂取していただくことができます。
そして私たちの胃腸をさまざまな不調から守ってくれるのです。

抗菌・殺菌作用でピロリ菌を退治する。

胃がんの原因として有名なピロリ菌があります。
ピロリ菌は胃の粘膜に付着して増殖し胃潰瘍や炎症を引き起こします。
治療法として抗生物質の服用がありますが軟便や味覚異常などの副作用が起こりやすく体への負担が大きくなってしまいます。
プロポリス液を一日に4、5滴コップ一杯の水に混ぜて服用することで胃潰瘍や胃の炎症を改善し、ピロリ菌を殺菌してくれます。
またピロリ菌を殺菌することで胃癌を発症するリスクを減らしてくれます。
プロポリスは天然食品なので副作用がありません。
抗生物質を使用すると菌に耐性が出来てしまい、抗生物質でも死なない菌が出来てしまうことがあります。
ですがプロポリスだと天然食品のため耐性が出来ることがありません。
何度摂取してもピロリ菌に限らず他の雑菌に対しても抗菌・殺菌効果を発揮してくれます。

血流を改善し、胃腸の活動をサポートする。

プロポリスの有効成分であるフラボノイドの抗酸化作用により、血液中の活性酸素を除去し血管の老化を防ぐ効果があります。
またフラボノイドには心肺機能を高める効果があり、血行が促進され新陳代謝が活発になります。
これにより血管に包まれている胃腸に酸素や栄養が送られて胃腸機能が活発になるのです。

まとめ

プロポリスを摂取することで胃腸環境が改善され、胃がんや胃潰瘍などの大きな病気の発症リスクを減らすことができます。
また胃腸機能が向上することで肌荒れや風邪、便秘などの予防・改善が期待できます。
プロポリスを継続して摂取することで胃癌だけでなく他の癌のリスクも減らすことができます。

ピックアップ-Pickup-