プロポリス入りの保湿クリーム

プロポリスを使った保湿クリームとは?

プロポリスはミツバチの巣を守るために外部からの虫や細菌をシャットアウトし巣の中を無菌状態に保つバリア機能があります。
このバリア機能を利用して人間のお肌を紫外線や雑菌から保護し、より健康的なお肌にしようという製品がプロポリス保湿クリームです。
プロポリスにはフラボノイドをはじめ十種類以上のビタミン・ミネラルが含まれており美容にも効果的です。
通常は食品として摂取しますが肌に塗布してもその効果を期待できます。
プロポリスの有効成分は脂溶性の物がほとんどであるため経口ではなくお肌からでも吸収しやすくなっています。
保湿・美白だけではなくお肌の治療効果まで期待できるのが通常の保湿クリームとの違いです。

お肌の老化を抑制してくれる。

プロポリスの有効成分であるフラボノイドは強力な抗酸化作用を持っています。
お肌の老化の原因物質として活性酸素が挙げられます。
活性酸素は体内に侵入した細菌を攻撃してくれる働きがあるため必要な物質ですが、増えすぎると体を酸化させていまいます。
これがお肌の老化に繋がるのです。
フラボノイドの抗酸化作用によって増えすぎた活性酸素を除去しお肌にツヤとハリを取り戻してくれます。
またフラボノイドがお肌に浸透することによって、紫外線やストレスから発生する活性酸素が増えすぎないように調整してくれます。

ニキビ、肌荒れなどの症状を改善してくれる。

フラボノイドの抗菌作用によりお肌の雑菌やバクテリアの繁殖を抑えます。
これにより肌荒れやニキビの発生を防ぎます。
殺菌作用によって既に出来てしまったニキビや吹き出物を消毒し症状を改善してくれます。

プロポリス保湿クリームによるアレルギーの心配は?

プロポリスは花粉症などさまざまなアレルギー症状を緩和してくれる働きがあります。
ですが稀にプロポリスが原因となってアレルギー症状を起こす場合があります。
症状としては湿疹、咳、発熱が見られます。
プロポリスはミツバチが樹脂や花粉を集めて自らの唾液と合成することによって作り出されます。
そのため蜂毒アレルギーをお持ちの方はアレルギー反応を起こす場合があるのです。
蜂毒アレルギーは一度蜂に刺された経験のある方が持っている場合があります。
血液検査を受診されると蜂毒アレルギーでないかどうかが判別できます。
ですが蜂毒アレルギーはあくまでも蜂の体内にある毒に対してのアレルギーです。
プロポリスはミツバチの唾液で合成されている物質です。
プロポリス保湿クリームを使ったからといって危険なほどのアレルギー反応が起こることはまずないといっていいでしょう。

まとめ

プロポリス保湿クリームを使用することで、保湿しながらお肌トラブルの治療効果が得られます。
プロポリスの抗酸化作用によるアンチエイジング効果も魅力的です。
お肌だけではなく体全体に塗ることができるので火傷、擦り傷などの消毒、治療にも使用可能です。
プロポリスは天然由来の成分で出来ているので体にも優しいといえます。
また一度蜂に刺された経験のある方は血液検査を受診されてみるのが良いでしょう。

ピックアップ-Pickup-